検索
  • 滝脇 憲浩

奥信濃100kmトレイル 行ってきました

自信初の100kmトレラン、行ってきました

結果から言うと、16時間48分で無事完走!(171位/650人)


でも後1時間は短縮できたな

理由は後程


奥信濃100kmトレイルの概要は以下の通り

 ・木島平スキー場発着 6/10 5:00A.M ~ 6/11 1:00A.M(制限時間21時間)

 ・全行程 100km / 獲得標高4,800m

 ・エイドポイントは全7箇所


トレーニングにトレーニングを重ねてましたので体力面は全く心配なかったのです

しかし毎度のことながら左膝には常に不安が付きまとう

完走も順位も、左膝のコンディション次第


案の定、40km辺りで違和感出始めて50kmくらいで痛みに変わり・・・

しかもこの大会、50kmで登りのピークを迎えて後半は下りメインに変わるのです

59km~72kmは何と13kmオール下り

あれは辛かった

一歩ごと左膝に激痛

なんでこんなツライのに走ってるんだろうって


ただそこで奇跡が起こったのです!

なんとレース中に、膝に省エネな下りの走り方を学習したのです!!!!!

本で読んで理解したつもりになっていた走り方、極限状態でモノにした!!


そこから膝の状態も若干回復(?)して、

下りは人と同じスピード、登りは人よりも早くで順位を上げたのです

最後の5kmはキロ4:30~5:00で走って30人抜きました~

多分、最後のエイドでコーラがぶ飲みしたのが効いたと思う

あれで身体が一気に甦った感覚があった

最後のひと踏ん張りにはコーラがぶ飲みがいいと思う

ただし途中でがぶ飲みはお薦めしない、タプタプでしんどくなる


今回反省点はノートにまとめてあって20個くらいあるのだけれど、

一番は何と言っても開始直後のスタートダッシュは必須ということ


あの登り渋滞はヒドイ

一番ヤバかったところなんか、100m進むのに40分かかったもんね

10km地点の下りで、ハシゴ場だったかな?


あと5km地点の登りでも20分渋滞し、30kmくらいの沢登りあたりでも渋滞した


完走+時間も多少意識してたのですごいストレスだったし、

何より体が冷えて渋滞後の走り出しに影響が。。。


とはいえ、途中どしゃ降りにもあったり、中々の冒険ができました!

振り返ると楽しいトレイルでした~


現在レースから3日経過したけど身体はまだ痛い

早くトレーニング再開したいけど、ケガしないためにも1週間は休む+整体行く


7月の野沢温泉トレイル(65km)どうしようか悩み中

北アルプスに入るかどっちにしよう??

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

明けましておめでとうございます 2022年さっそくですが、TJAR目指すことに決めました トランスジャパン アルプスレースの略です 日本海(富山県)を出発して北・中央・南アルプスを縦断し太平洋(静岡)に出るレースで全行程415km、獲得標高約27,000m、8日間です 出たいと言ってお金を払えば出られるではなく、2年に1回、 選ばれた最強の30人しかチャンスは与えられないのです トライアスロン ア

やるんですかね? サイト見ると、まだ協力を要請中って感じですけど。 まあ僕としてはやるなら参加一択。 諏訪は土地勘が全くないので泳いで漕いで走れば、色んな情報を一気に手に入れることができる!トライアスロンって知らない土地でも一日でメッチャ知ることができるんですよね。 だから素敵。 やってくれないかな~ 長野県でミドルやってくれれば、佐渡ロングへの挑戦権が身近で手に入るんで、すごく楽になるんですよね