top of page
検索
  • 執筆者の写真滝脇 憲浩

初参戦 野尻湖トライアスロン大会②!!(2016年を振り返る)

まずはスイムパート

野尻湖のスイムは750m × 2周回 = 1.5km


湖というくらいなので波もなく、どちらかというと水質も綺麗な方。

この中で泳いでね!っていう線も引かれていないので、限度はあるが広々と泳げてバトルも少ない方と思う。


バトルとは。。。

トライアスロンのスイムは大体がウェーブスタート(人数を区切ってに時間をずらしながらスタート)だが、それでも100人弱が一気に泳ぎを開始する。

そうすると鯉が餌を求めてワッチャワッチャするあの感じになる。


ヒドいときは人の上に人が乗ってきたり、クロールなので手で顔をバチーンと叩いたり、バタ足で顔を蹴ったり。。。本当ですよ?ヒドいもんですわ。。。

でもそれが醍醐味であり楽しみの一つなのです。


足を掴まれたら、思いっきりバタ足をして払ったり蹴ったり、アドレナリン出てるからそれが面白く感じるんですよね 笑

ヒドいことすると思うでしょうが、僕もメッチャやられますからね~


ただね、水深10mとか絶対足が着かない場所で、思ってもないところから顔とか叩かれると一瞬何が起こったのかとパニックになるわけですよ。

結構痛くてね~

呼吸が乱れておかしくなるし。


プールではないので透明度はないわけですよ。

だから見えないところから急にぶん殴られるときがあるんです。

あれは何回やっても慣れんな~


まあそんなバトルに感動・興奮を覚えて、初めてにしてはとても楽しく泳げたな~

そして結構余裕な感じで1.5kmを完泳。

タイムはたしか。。。37分くらいだった気がする。


タイムは真ん中よりも下、適度に遅い感じ。

でも僕としては死なずに、完泳できたことで満足だった。


実は前日の夜になって、泳ぎで死んだらどうしようとか考え始めたら、とてもとても怖くなってトライアスロンを始めたことを後悔したりで全く眠れなくなったのです。


寝てる家族の顔を見て、これが最後になるかもしれんからよく見ておこうとか、わけの分からん心理になったのを昨日のことのように覚えてる。

結果書かなかったけど遺書まで考えた 笑


そこまでして何とか完泳できた初めてのレースでした!

次回はバイクパートを。。。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信越五岳2023 100マイル 後編

完全に晴天、そして猛暑。 これヤバくない?を何度も繰り返す。 でも人のやさしさに触れる。民家の方がシャワーを用意して待ってくれてる。 キレイなお姉さん二人が水鉄砲で打って応援してくれる。 私設エイド団の方々がしそジュース、氷水を用意してくれてる。 これ全部、地元の方が選手のためを思って自発的にやってくれてるらしい。 あんなクッソ暑い中できることじゃない。本当に尊敬。人間って捨てたもんじゃない。 あ

信越五岳2023 100マイル 前編

32時間 30分でゴール、完走率40%の中、無事完走者になりました! 全行程 163km、獲得標高7,100m(富士登山2回分)を32時間30分で駆け抜けました。 9/16(土)の18:30スタートで、ゴールは9/18(日)の3時くらい。 土曜日の移動も含めると、42時間くらい起きて、その2/3を山走ったり歩いたりしました。 終わってみれば楽しかったと感じるのですが、 道中ずっと辛くて、この大会で

bottom of page