top of page
検索
  • 執筆者の写真滝脇 憲浩

スノーキャンプ行ってきました




僕の趣味はトライスロン、トレラン、そしてキャンプです。キャンプは1月中旬から3月上旬を抜かしてほぼ通年行きます。


なぜ上記期間は抜くかというと雪があるからです。

雪があるとテント・ギアが濡れて後片付けがとてもとてもとても大変になります。




でも今回、初めてスノーキャンプを体験しました。

しかしこれは結果的にスノーキャンプになっただけで、自ら進んで行ったわけではありません!!

天気予報を読み間違えただけです!!


もうね、このくらいになるとコテージがないキャンプ場はお客さんがいないですね。

我々を含めて2組だけです!


1月4日~5日にかけて軽井沢ライジングフィールドに行ったのですが、就寝前、雪が降り始めて翌朝には10cmほど積もってました。


子供は大喜び、ずっとソリしてました。

犬も大喜び、いつもより興奮してました。

僕はもうテンションだだ下がり。

払っても払っても雪が付着して濡れていくテント・そして数々のギア達。。


まあ結局、家に帰ってメッチャ晴れてたんで乾かすことができたんで笑い話になりましたが、スノーキャンプはコリゴリかな 笑

家に帰って、もう一度荷物を広げるのはマジ疲れる 笑


ポジティブな感想を言うと、雪が積もる中、テントの中でストーブに当たりながら飲むコーヒーは中々ですね。

そして人の気配がなく、静寂に包まれる冬キャンは最高です。

夏キャンはね、中々賑わいますから。

僕みたいなタイプには冬が一番!!!


今回のキャンプでの出来事を一つ。

気付いたら20mくらい先にイノシシの親子3人がいました。

昼間、遠くに見えたイノシシだと思います。

辺り真っ暗でうごめく獣は超怖いです。。。

犬もずっと唸ってるし 笑


とにかく雪をイノシシの方へ投げまくって威嚇。

多分撃退できたと思います。


こんなキャンプ体験如何でしょう??

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信越五岳2023 100マイル 後編

完全に晴天、そして猛暑。 これヤバくない?を何度も繰り返す。 でも人のやさしさに触れる。民家の方がシャワーを用意して待ってくれてる。 キレイなお姉さん二人が水鉄砲で打って応援してくれる。 私設エイド団の方々がしそジュース、氷水を用意してくれてる。 これ全部、地元の方が選手のためを思って自発的にやってくれてるらしい。 あんなクッソ暑い中できることじゃない。本当に尊敬。人間って捨てたもんじゃない。 あ

信越五岳2023 100マイル 前編

32時間 30分でゴール、完走率40%の中、無事完走者になりました! 全行程 163km、獲得標高7,100m(富士登山2回分)を32時間30分で駆け抜けました。 9/16(土)の18:30スタートで、ゴールは9/18(日)の3時くらい。 土曜日の移動も含めると、42時間くらい起きて、その2/3を山走ったり歩いたりしました。 終わってみれば楽しかったと感じるのですが、 道中ずっと辛くて、この大会で

Comments


bottom of page