top of page
検索
  • 執筆者の写真滝脇 憲浩

アンクルウェイト・・・

この前、アンクルウェイト買ったという報告しました。

少しでも足を鍛えるために、毎日装着して仕事頑張ってました。


でも、なんか、足痛いんですね?

階段を下りるときなんて、たまに足裏に激痛が走るようになってまったんです。

下りるときって足にそれなりの衝撃くるでしょ?

3kgの重り付けてると、それがとんでもないわけです。


結局、捨てそうになる気持ちをぐっとこらえて1.5kgに減らしましたよ。。。

残念だけど今の僕はこれくらいしか耐えられない足のようです。


来年の5月には「彩の国トレイル100km」が待ってます。

(既にエントリー済)


100kmで獲得標高6600mなんで舐めてるとリタイヤ必死のレースです。

4月くらいには3kg付けても余裕なくらい鍛えておきたいな。


そういえば!

最近知ったのですが、上田バーティカルリミットというレースご存じでしょうか?

これも5月に行われるレースなんです。

これ何がすごいレースかというと、20kmそこそこの距離で獲得標高3000mなんです!!


これって本当にありえなくて、世界大会レベルなんですよ!

昨年とか、ふつーに日本を代表する選手出てますしね~

それが上田で行われるなんて素敵。


出てみたいけど20kmで3000mは異常。

ちょっと異次元。


どうしようかな~

エントリー資格は持ってるんだよな~

(資格=50km以上のスカイライントレイル大会完走者)


このまま日々のトレーニング重ねていって、気合が溜まったらチャレンジしてみます。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信越五岳2023 100マイル 後編

完全に晴天、そして猛暑。 これヤバくない?を何度も繰り返す。 でも人のやさしさに触れる。民家の方がシャワーを用意して待ってくれてる。 キレイなお姉さん二人が水鉄砲で打って応援してくれる。 私設エイド団の方々がしそジュース、氷水を用意してくれてる。 これ全部、地元の方が選手のためを思って自発的にやってくれてるらしい。 あんなクッソ暑い中できることじゃない。本当に尊敬。人間って捨てたもんじゃない。 あ

信越五岳2023 100マイル 前編

32時間 30分でゴール、完走率40%の中、無事完走者になりました! 全行程 163km、獲得標高7,100m(富士登山2回分)を32時間30分で駆け抜けました。 9/16(土)の18:30スタートで、ゴールは9/18(日)の3時くらい。 土曜日の移動も含めると、42時間くらい起きて、その2/3を山走ったり歩いたりしました。 終わってみれば楽しかったと感じるのですが、 道中ずっと辛くて、この大会で

Comments


bottom of page