top of page
検索
  • 執筆者の写真滝脇 憲浩

もう途中で挫折したくない!(2015年 冬を振り返る)

更新日:2019年9月24日

今までちょっとやっては、やめるを繰り返してきた僕。

やっぱり長期間に渡るチャレンジは心が折れやすい。


ということでジムに通うことでモチベーションを維持することにしました!

それは家から歩いて10分くらいにあるアクトス。

家近はとても魅力的。ちょっと嫌になっても距離が助けてくれる。(と思った)


僕がトライアスロンに挑戦する上で、とても心配だったのが泳ぎ→自転車の順だった。

学生時代はサッカーをやっていたこともあり、ランには自信があったのです。

(そしてその自信は数か月後に崩れ去るのです)


自転車は初めてのロードバイクだし、とにかく乗ってみないことには始まらない。

でも今はないし、購入するまでジムのエアロバイクでペダルを漕ぐ力を鍛えよう!

それにロードバイクといっても所詮は自転車。小さい頃から自転車(ママチャリ等)に乗ってきたから大丈夫!これもなぜか根拠のない自信があったのです。

(そしてその自信は数か月後に崩れ去るのです)


というわけで、一番不安だった水泳に一番時間を掛けることに決定。


5年も前のことだけど、昨日のことのように思い出す。。

25mプールを真面目に泳ぐなんて学生時代のプールの授業ぶり。

あの頃の記憶なんてもうないに等しい。

だから自分にどれだけの泳力があったかも忘れてた。

サッカーを頑張っていたときの体力が残っていればまだ違ったかもだけど、酒とタバコ、夜型生活で腹は出ている。。

その状態で勢い良く泳ぎだした。


。。。。。。。。。


75m(1往復半)で顔真っ青、吐く一歩手前でプールサイドで1時間休憩したんです。

すっごくジムもトライスロン挑戦も辞めたくなったな~

もし体験ジムとかで、入会金とか諸々の費用が発生済じゃなかったら、あの時点で確実に辞めてたな(笑)


------------------------------------------------------

MienoオーナーのInstagramもよろしくね!

------------------------------------------------------

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

信越五岳2023 100マイル 後編

完全に晴天、そして猛暑。 これヤバくない?を何度も繰り返す。 でも人のやさしさに触れる。民家の方がシャワーを用意して待ってくれてる。 キレイなお姉さん二人が水鉄砲で打って応援してくれる。 私設エイド団の方々がしそジュース、氷水を用意してくれてる。 これ全部、地元の方が選手のためを思って自発的にやってくれてるらしい。 あんなクッソ暑い中できることじゃない。本当に尊敬。人間って捨てたもんじゃない。 あ

信越五岳2023 100マイル 前編

32時間 30分でゴール、完走率40%の中、無事完走者になりました! 全行程 163km、獲得標高7,100m(富士登山2回分)を32時間30分で駆け抜けました。 9/16(土)の18:30スタートで、ゴールは9/18(日)の3時くらい。 土曜日の移動も含めると、42時間くらい起きて、その2/3を山走ったり歩いたりしました。 終わってみれば楽しかったと感じるのですが、 道中ずっと辛くて、この大会で

Comments


bottom of page